生活用品

キッチン排水溝のゴミ受けと蓋のカビやぬめり対策!ステンレスに変更すると効果抜群だった

kitchen

専業主婦でありながら掃除が苦手な私。

特に嫌なのがキッチンの排水溝とゴミ受けの掃除です。

数日掃除しないだけであっという間にヌルヌル&カビだらけになるので、毎回掃除するたびに「嫌だな〜汚いな」と思いながら掃除をしています。

毎日掃除したらぬめりやカビが減るのでしょうけど、面倒くさがりな性格上、毎日掃除をするのが無理なのです。

そこで、どうしたら「ぬめりが減るのか」「カビらないのか」色々考えた結果、排水溝のゴミ受けと蓋をステンレスに変更。

すると、びっくりするほどぬめりやカビに効果抜群だったのです!

キッチンの排水溝とゴミ受けのぬめりが嫌!

専業主婦なのにけしからんと思われるかもしれませんが、恥ずかしい話キッチンの排水溝とゴミ受けは2、3日に1回掃除しない私。

いつもは生ゴミを取ってゴミ受けを洗剤でささっと洗う程度です。汚れが落ちていなくても見て見ぬふりです(^^:)

住んでいる場所にもよると思いますが、私が住んでいるお家は高台の上にあり、雨が降っただけで霧が出るほど湿気の多い地域なので、2日掃除しないだけでもすぐにぬめりやカビが発生してしまうのです。

その度に手袋とマスクを装備して掃除をするわけですが、とても嫌な感じ。
手袋をしていてもあのぬるぬるとした感触や汚れが落ちる様子を見るだけでも気持ちが悪いんです。

我が家のゴミ受けは元々付いていたプラスチックのゴミ受けになっているので、その細かい網目もゴシゴシと掃除するのですが、細かすぎて使い古しの歯ブラシで掃除をしていましたが、それでも全ての汚れを落とすことは無理でした。

ちなみに、プラスチック製のゴミ受けはこんな感じです↓(イメージ画像です)

pura

結局そのままにしておくと、そこから菌が繁殖してカビが生えるし、水の流れも悪くなり最悪な状態に。そんな風になってしまったら、ダイソーなど100円ショップで買い替えることもありました。

2ヶ月に1回は買い換えていたけど、お金もかかるし、何よりカビ対策になっていない。

そもそも、どうしてぬめりやカビが生えてしまうのでしょうか?

排水溝やゴミ受けにぬめりやカビが生えてしまう原因とは?

排水溝やゴミ受けのぬめりやカビは、

  • 生ゴミや油汚れ
  • 雑菌
  • 水垢

が原因と言われています。
さらには、排水溝のゴミ受けのプラスチックもカビの栄養源になるそうです。

カビは湿度65%以上を好み、温度25〜30度になるとカビが最も繁殖してしまうのだとか。

カビを生えないようにするには、常に乾燥させることが大事だそうですが、正直そんなの無理ですよね。キッチンを全く使わない人ならまだしも、家庭持ちには厳しい。

カビ対策について調べてみましたが、料理をする以上、完全にカビとさよならするのは難しく、道具や洗剤を使って極力カビが生えないように対策するのが1番ベストな方法のようです。

そこで、私が考えたのが排水溝のゴミ受けをプラスチックからステンレスに変えるという方法です。

排水溝のゴミ受けをステンレスに変更したら効果抜群だった!

私が購入したゴミ受けがこちら。

ステンレスは錆びにくいという特徴がありますが、こちらのゴミ受けは、抗菌もされているのでカビが生えにくく、ぬめり汚れも抑えてくれて抗菌効果が半永久的に持続するという効果もあります。

まさに面倒くさがりな私にぴったりな商品です。

このステンレス製のゴミ受けにしてから1ヶ月経ちますが、全くカビっていません。

プラスチック製のゴミ受けを使っていた時と同じように生ゴミを取って軽く洗剤でササっと洗うだけですが、見た目は買った当初と変わらずピカピカを保っています。

細かい網目を使い古しの歯ブラシでゴシゴシしなくても、こちらのステンレスのゴミ受けは網目も大きくスボンジで洗うだけで汚れが落ちます。

網目が大きい分、小さい生ゴミが排水溝に落ちやすいですが、ゴミ受けの中にダイソーで売っているストッキングタイプの水切りネットをつければ、小さい生ゴミもしっかりキャッチしてくれるので排水口に入ってしまうこともなく、1日の終わりに水切りネットをパッと取り出してゴミ箱に捨てられるのでとても楽です。

何より、以前のように汚れることがなくなったので、排水溝の掃除なんて週に1度だけ。
ストレスを感じなく掃除ができるようになりました。

ついでに排水溝の蓋もステンレスに変更!

ゴミ受けを買う時に、「ついでに蓋もステンレスにしちゃえー」ということで、蓋もセットで購入しました。

上記は市販の除菌剤を取り付けられるフックも付いています。

私はつけていませんが、こんな感じのをつけるようです。

以前までは、蓋自体に除菌ヌメリとり剤が付いているタイプのものを使っていましたが、効果が短くすぐに詰め替え用を購入する必要があったのと、プラスチック製だったことから掃除を怠けるとすぐにヌルヌルしてカビも生えてしまい面倒くさがりな私には意味がありませんでした。

蓋の裏の溝もよくカビっていたのも私的にはNGでした(TT)

それに比べてステンレスの蓋は、ぬめりにくくカビも生えないですし、蓋の裏も溝がなく洗いやすくゴミ受けと同様、洗剤でサッと洗うだけでピカピカを保っています。

流し台トラップも買い換えようか検討中。

排水溝のゴミ受け、蓋に続けて今度は、流し台トラップも買い換えようか検討中です。

銅タイプなので、普通の流し台トラップと比べて値段が高めではありますが、口コミの評価を見ると「ぬめりや臭いがなくなった」と高評価な書き込みばかりなので、買ったら満足できそうな感じです。

【まとめ】排水溝のゴミ受けと蓋をステンレスにしてから綺麗を維持するようになった

ゴミ受けと蓋をステンレスに買い換えてからは、綺麗を維持するためにこまめに掃除をするようになりました。

おかげでヌルヌルとしたぬめりやカビが生えなくなったので、1週間に1度流し台のトラップを外して隅々まで掃除していた作業が5分程で終わるようになり、気持ち的にも楽になったのは本当に嬉しいです。

プラスチックのゴミ受けを使っていた時は、泡ハイターをかけて数分待ち、水洗いしたらブラシでこすって、また泡ハイターをかけて待つ・・を繰り返して汚れを落としていたので、掃除をする前は本当に憂鬱でした(**)

プラスチックに比べてステンレスは値段が高めではありますが、買って満足する商品だと思います。

後は、流し台トラップを銅タイプにしたらバッチリかな(笑)

追記:キッチンの除菌剤を使うと更にカビやぬめりに効果抜群だった!

ステンレスにしてからは、そこまでぬめりやカビが気にならなくなったので別にいらないかな〜と思っていましたが、先日、キッチンの除菌剤を購入しました。
というか、夫が買っていました(笑)

夫が購入したのはこちら↓

夫曰く、「ネットの口コミを見て評価の高かったものを選んだ!」そうです。

ちなみに効果は下記のようになります。

  • 除菌
  • ぬめり予防
  • コバエよけ
  • 消臭

正直、除菌剤をつけていても掃除しないとヌルヌルするよ〜なんて思っていたので実験してみることにしました。

期間は1週間。
その間は生ゴミはとりますが、ゴミ受けはお湯で軽く流す程度で一切掃除しません。

こちらが掃除して取り付け直後です↓

Before

ピカピカして綺麗ですよね。

そして、1週間後がこちら↓
after

どうですか?写真で見る限りカビが生えている様子もなくちょっと汚れているかな〜感じですよね。

私の予想では、1週間放置したらカビが生えまくってヌルヌルしているだろうなと思っていましたが、全くそんな感じもなくびっくりしました。

触って見るとぬるぬるはしていますが、カビが生えている様子もなくほぼ1週間前とあまり変わりません。

写真を取った後に掃除しましたが、ブラシで磨くだけで簡単にぬめりが取れて、掃除もとても楽でした。

この1週間の間は毎日のように食器洗い(油のついたフラインパンも)をしていたのにも関わらず、ほぼ綺麗な状態をキープできているのは凄い。

1週間もほぼ綺麗な状態をキープできたのは、ゴミ受けがステンレスだったという効果も多少あると思いますが、それでもカビが生えずにほぼ綺麗なままなのは確実に除菌剤も効果もあったからではないでしょうか。

生ゴミをとるたびに触ってチェックしていましたが、3日まではぬるぬるしませんでしたよ。

こんなにも効果があるとますます私の掃除怠け癖がパワーアップしそうです(笑)

排水溝のゴミ受けと蓋をステンレスにして1年半経過後・・

▼排水溝のゴミ受けと蓋をステンレスに変更して約1年半が経ちました。

最初の頃に比べてカビや汚れる頻度は早くなりましたが、それでも掃除は週1ペース。

軽く掃除するだけで、買った時のようにピカピカの状態に戻るので、まだまだ現役で使えていますよ♪

やっぱりステンレスに変えてよかったー!^^

▼排水溝関連でこんな記事も書いています。

関連賃貸だと排水溝の詰まりの修理は自腹なのか?自力で直せず業者を呼んだらあっという間に直った話

  • この記事を書いた人
マルコ

マルコ

沖縄在住の主婦マルコです。「まるれび」では実際に使ってよかった商品をレビューしています。他にも子連れのお出かけをテーマにした「おきとくブログ」という地域情報ブログもしています。

-生活用品

© 2020 まるれび