生活用品

お風呂場の排水溝に溜まる髪の毛処理を簡単にする方法!ダイソーの商品が便利だったよ

お風呂場の排水溝にたまる髪の毛の処理って大変だと感じませんか?

掃除が大の苦手な私。

できたら掃除はしたくない・・という面倒臭がりな性格のため、ついつい排水溝の掃除を怠けて髪の毛が詰まることが何度も起きていました。

(毎日掃除をすれば解決するじゃん!なんて突っ込まないでくださいね)

これはなんとかしなくては・・!と決意して色々模索しながらたどり着いた方法をご紹介します。

このやり方にしてからはお風呂場の排水溝の掃除がとっても楽になったので、ぜひ参考にしてみてください。

お風呂場の排水溝に溜まる髪の毛掃除はこうしたら楽になる!

お風呂場の排水溝には元からカバーが付いていると思いますが、私が行なっている方法では、元から付いているカバーは全て外します。

準備するもの

まずは準備するものですが、全てダイソーで揃えることができます!

抜けた髪の毛を取ってくれるヘアーキャッチ!

以前はこちらだけを使っていましたが、網の中に髪の毛が絡まり取るのがめちゃくちゃ大変だったので、ヘアーキャッチの上に袋状のネットを被せます。

中身はこんな感じで網目が細かくなっているので髪の毛をしっかりキャッチしてくれます。

完成図

上記の2つを重ねると下記のようになります。

裏側はこんな感じです▼

2重でガードされているので、子供の細い髪の毛でもしっかりキャッチしてくれます。

これはお風呂場の排水溝に置くだけで完成です!

どうでしょうか?とても簡単ですよね。

あとはお風呂上がりに袋状のネットを取ってゴミ箱にポイっとするだけ。

私はこの時、そのまま素手で触るのが嫌なので使い捨ての手袋をして取っています。

使い捨ての手袋もダイソーに売っているので、まとめて購入すると楽ちんですよ。

ヘアーキャッチを使い捨てにする理由

元々お風呂場には髪の毛をキャッチするカバーが付いていますが、あえてダイソーでヘアーキャッチを買う理由としては、汚くなったら捨てられるから楽という点。

毎日髪の毛を取っていたとしても、掃除をしなければ汚れてきますよね。

冒頭にも書いていますが、私は掃除が大の苦手。毎日掃除をするなんて私の性格上難しい。

できたら掃除をしないで綺麗を保ちたいと思っているので、私はあえてダイソーでヘアーキャッチを購入して、2週間に1回は新しいものに取り替えるようにしています。

最初はケチっって同じヘアーキャッチを使っていましたが、掃除をするたびに「嫌だな〜」「汚いな〜」「面倒くさいな」っと嫌な気持ちになりながらしていました。

・・が、”汚くなったら捨てる”という風に変えてからは、掃除のストレスがフリーに・・!♡

こうするだけでも掃除の手間も減りますし、我が家では積極的に楽できるものは楽していこうと考えています。

  • この記事を書いた人
マルコ

マルコ

沖縄在住の主婦マルコです。「まるれび」では実際に使ってよかった商品をレビューしています。他にも子連れのお出かけをテーマにした「おきとくブログ」という地域情報ブログもしています。

-生活用品

© 2020 まるれび