家具・家電

【コロナ除湿機CD-H1819の口コミレビュー】大容量タンクで湿気をグングン吸い取ってくれる!

私の住んでいる沖縄では夏以外はほぼ湿度が高く困っていました。

今までは、湿気対策としてエアコンの除湿機能を使っていましたが、冬の時期は寒くて使えず我慢していましたが、ついに除湿機を購入しました。

「コロナ」の除湿機CD-H1819を購入

色んな除湿機がある中で購入したのが、コロナのCD-H1819

選んだ理由としては、

  • 4.5Lの大容量タンクで湿気の多い沖縄でも長時間使える
  • 10年間フィルターの交換不要で手入れが楽
  • 衣類乾燥機としても使える
  • 暖かくなるので寒い冬の除湿ができる
  • 除湿可能面積が木造20畳と広い部屋でも使える

湿気の多い沖縄だと冬でも湿度が80%を超える日があるので、タンクの容量の大きさは1番重要なポイントでした。

大容量のタンクがこちら↓結構大きいですよね♪

排水口が先っぽにあり、そこを開けると溜まった水を捨てることができます。

機能

主な機能は3つ。

  1. 除湿
  2. 衣類乾燥
  3. 内部乾燥

除湿機能なら、

  • 自動
  • 冬モード
  • 強・弱
  • サーキュレーター(標準・静音)

衣類乾燥なら、

  • eco
  • 夜干し
  • 速乾(標準・厚物)

が選べます。

内部乾燥は、電源を切った後に使うことができて、1〜1.5時間ほどで自動停止します。

風を出す部分ルーバーは、「左右・上下」と設定することができます。

ルーバーのスイングの幅も広いです。

個人的に嬉しい機能がこちら。

  • タンクにどれだけ水が溜まっているのか見えやすい
  • タンクの水が溜まると音楽がなって教えてくれる
  • キャスター付きで横に移動するときは楽ちん

タンクの部分が透明になっているので、どれだけ水が溜まっているのがタンク部分を開けなくても見えます。

タンク部分を開けるとこんな感じで透明になっています。

タンクの水が溜まると音楽が鳴ってくれるので水を捨てるタイミングがわかりやすいのが良いですし、水が溜まると自動で停止してくれます。

また、キャスター付きなので横に移動させる時は女性の私でもスイスイ動かせます。

メインの部屋以外もお風呂場、夫の仕事部屋を除湿する時に本体を押しながら移動できるのは楽ですね。

稼働音

気になる稼働音ですが・・、音は大きいほうだと感じます。

除湿機を人生初めて使ったのでどれぐらいの音が出るのかわからなかったので、使い始めた時は音の大きさにびっくりしました。

色んな除湿機を使ってきた夫曰く「除湿機はこういうものだ」と言っていたので、慣れている人ならそこまで気にならないと思います。

私の場合は最初うるさいなと思っていましたが、使い続けていくうちに耳が慣れて気にならなくなりました。

どちらかというと、我が家のわんぱく小僧たちの方がうるさいですね。

ただ、寝る時は音が気になるので必ず消しています。

あと、機能には静音モードとか弱モードとかあるんですが、ほんの少し静かになるだけで音が全くしないというわけではないですね。

除湿能力

除湿機をいつも使っている部屋が15畳、その隣に3畳ほどのキッチンがありますが、30分ほどでジメジメしていた部屋が快適に過ごせるようになります。

フローリングも使う前までは湿度が高くなるとベタベタしていたのが、除湿機を使うようになってからはベタベタ感が一切なし。

子供たちのほっぺたも常にサラサラ状態をキープしてくれます。

沖縄の場合、冬でも雨が降れば湿度が80%以上いくことが多いんですが、それでも2時間ほど稼働させると60%まで落ちてくれます。

動かしている間はずっと60%台をキープしてくれます。

部屋の中が気持ち良すぎて外に出るとジメジメ感にびっくりしてしまうことがあります。

お風呂場で使うとびしょびしょだった床の水も1時間ほどでカラッカラッに乾燥してくれます。

手入れ方法

手入れもとても簡単です。

除湿機の本体の裏にエアフィルターがついているので、取り外して掃除機でゴミを吸い取るか軽く叩いてホコリを取り除くだけです。

本体の裏側についている黒いフィルターは10年交換不要のものなので特に掃除する必要もなし。

どちらも水洗い禁止です。

水を溜めるタンクは使い終わったら拭くだけでOKです。

▼タンクの上についているフタは取り外しができます。

▼上の白いフタが全部取り外せるので拭くのも楽です。

使い始めて5ヶ月が経ちますが、綺麗な状態です。

コロナ除湿機CD-H1819の使い方

使い方はとても簡単です。

「運転」ボタンを入れてあとは好きな機能を押すだけでOK。

個人的には色々設定しなくても電源ボタンを押せばすぐに除湿をしてくれるのが機械音痴の私にとっては嬉しかったりします笑

部屋がジメジメしているな〜って時は「除湿」ボタンの自動モード。

洋服を乾かすときは「衣類乾燥」ボタンのecoモード。

除湿機を使い終わった後は、「切タイマー」ボタンを押して内部乾燥をして終了です。

除湿機にカビが生えてしまったらいやなので、内部乾燥は必ず行っています。

コロナ除湿機CD-H1819のメリット・デメリット

メリット

メリットとしては、

  • 除湿能力が高い。あっというまに快適な部屋にしてくれる
  • 衣類乾燥としても使える
  • タンクの容量が大きいので何度も捨てる手間が必要ない

除湿能力が高いので、ジメジメしていた部屋をあっという間に過ごしやすい状態にしてくれます。

我が家は18畳ですが、最大20畳まで対応しています。

なので朝起きて湿気やばいなと思った時も電源を入れたら30分ほどで湿度を下げてくれるのが嬉しいですね。

また、衣類乾燥モードもついているので洗濯物も乾かしてくれます。

雨の日が多い沖縄では本当に大活躍してくれます。

デメリット

デメリットとしては、

  • 部屋の中が暑くなる

除湿をしてくれるのと同時に部屋の温度も上がります。

冬は暖房代わりになって良いんですが、気温が高い日だと逆に暑くなりすぎるので使えないです。

コロナ除湿機CD-H1819のタンクはどれぐらいで溜まるのか?

住んでいる地域にもよりますが、私が住んでいる沖縄だと湿度80%を超えると4、5時間ではいっぱいになります

時期:12月30日
天気:雨
湿度:81%

▼2時間経つと湿度が69%になりました。

除湿機を動かしてから約3時間半ほどでタンクの水は半分以上になりました。

1日中使う時は、大体2、3回ほど交換しています。

除湿機で洗濯物は乾くのか?

除湿機についてる衣類乾燥モードを使えば余裕で乾きます。

我が家には洗濯乾燥機がないので、雨の日や曇りの日はいつも部屋の中に干していますが、除湿機を使うと朝干すして夕方には完全に乾いています

Tシャツなら約1時間、タオルなど厚いものは4,5時間もあれば乾く

Tシャツなら約1時間。子供の洋服なら30分ではあっという間に乾きます。

タオルやジーパンなど厚めのものなら4、5時間ほど。

なので、朝洗濯物を部屋の中に干してから仕事に行き、帰ってきたらすぐに洗濯物が畳める状態になっています。

除湿機の衣類乾燥モードを使うにはちょっとしたコツがあって、除湿機の後ろに扇風機を置いてセットで使った方が乾きやすいです。

(↑上の写真はいつもより少なめ。)

いつも家族4人分の衣類を物干し竿に大量にかけているんですが、端っこに干しているものもしっかり乾きますよ。

扇風機とセットで使えば分厚い衣類で「eco」モードでも乾きます。

触り心地もフワフワになるので、外に干すより部屋の中で除湿機を使って乾かすのが好きです。笑

エアコンの除湿機能がついていたら除湿機はいらないのか?

以前の私は、

「エアコンに除湿機能がついているから使う頻度が少ないし高いお金をだして除湿機を買う必要はない」

と思っていましたが、実際に使い始めると使う頻度が多くて今ではないと困るほどになっています

我が家での使い方としては、

  • 除湿機能で部屋の中を除湿する時
  • 部屋干しした洗濯物を乾かす時
  • お風呂場の湿気を素早く取りたい時
  • エアコンのない部屋を除湿したい時

除湿機としての一般的な使い方として、湿度を下げるための除湿機ですが、我が家では部屋干しした洗濯物を乾かしたり、お風呂場の湿気を取る時にも使っています。

除湿機を稼働すると暑くなるので気温の高い日は使えないと思っていましたが、その時はエアコンのない別の部屋の除湿として利用しています。

想像していた以上に使う頻度が多いです。

これから梅雨時期なので今以上に活躍する場面が多くなると思っています。

コロナ除湿機CD-H1819がおすすめな人

コロナ除湿機CD-H1819がおすすめな人はこちら。

  • 部屋が広い人(木造20畳・鉄筋40畳まで)
  • 除湿機以外にも衣類乾燥機としても使いたい人
  • 寒すぎる地域に住んでいない人
  • 手入れが楽な方がいい人

コロナ除湿機CD-H1819は、木造20畳・鉄筋40畳まで対応可能となっているので広い部屋を除湿するには最適。

タンクも大きいのでこまめに水を捨てる手間もかからないのも魅力の1つです。

またコンプレッサー式なので、気温が低すぎると除湿能力が下がってしまうので、冬でもそこまで寒くならない地域のが良いですね。(使用可能温度は5度〜40度)

除湿機能の他に衣類乾燥モードもついているので、部屋干ししてすることが多い人にもぴったり。

風の向きを前後左右と幅広く広げられるので、洗濯物が多い家庭でも使えます。

家族4人分の洗濯物も半日では乾きますよ

掃除方法は、フィルターについたホコリなどを掃除機で吸い取ったり、タンクを拭き取るぐらいなので、手入れを楽にしたいと思っている人にもおすすめですよ。

沖縄で除湿機を選ぶならタンクの容量が多いコロナの除湿機おすすめです

もし沖縄で除湿機を購入しようかと悩んでいる方がいたら、私は断然コロナの除湿機をおすすめします。

理由としては、ほぼ1年中ジメジメしていて湿気対策をしないとすぐにカビってしまう。

除湿能力が高くてタンクの容量が大きいコロナの除湿機の方が使いやすいから。

冬でも気温がそこまで低くならないので、除湿能力が落ちることもないので1年中フル稼働することもできます。

また、雨の日も多いので洗濯物を部屋の中に干している人でもコロナの除湿機を使えばあっという間に乾くので、家族の多い沖縄の人も安心。

沖縄は湿度の高い地域なので、湿気対策をしないとあっという間にカビってしまうので、1家に1台は除湿機があると便利ですよ。

↓私の別ブログで湿気・カビ対策についても書いています↓

【梅雨時期の湿気カビ対策】湿度の高い沖縄は家具洋服‥なんでもカビる。我が家の対策を紹介!

 

  • この記事を書いた人
マルコ

マルコ

沖縄在住の主婦マルコです。「まるれび」では実際に使ってよかった商品をレビューしています。他にも子連れのお出かけをテーマにした「おきとくブログ」という地域情報ブログもしています。

-家具・家電

© 2020 まるれび